タダラフィル(シアリス)の作用機序とは

シアリスは勃起不全(ED)の治療薬としてアメリカの製薬会社において2003年から製造・販売されている薬です。
日本においては2007年に厚生労働省の承認を受け、同年から販売が開始されました。したがって現在では承認薬として医師の処方を受けることで購入できます。
また、海外の販売業者から個人輸入代行によって入手することも可能です。インターネット上にはシアリス通販専門サイトといったものも存在します。

シアリスの主要成分はタダラフィルという物質です。タダラフィルは他のED治療薬であるシルデナフィルやバルデナフィルなどと同様、PDE-5阻害薬と呼ばれる種類の薬です。
タダラフィルの作用機序は、体内酵素の一種である5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の活性を抑えることで勃起を促すというものです。
PDE-5は活性化すると血管を収縮させ、陰茎海綿体に流れ込む血液の量を減少させる働きを持つようになるのですが、タダラフィルはこの働きを阻害することで血管を拡張させ、血液の流入を促します。
これにより海綿体が血液で満たされ、勃起へと導かれます。性的な刺激はあるのになかなか勃起しない、あるいは勃起してもすぐに萎えてしまう(いわゆる「中折れ」)といった症状に効果を発揮します。
他のED治療薬と比べた場合のタダラフィルの特徴としては、まず、効果のあらわれる時間が早いという点が挙げられます。臨床試験によれば服用後30分程度で効き始めるという結果が出ています。
また、効果の持続時間が長いという点も特徴の1つです。最大で約36時間は効果があるとされています。といっても、決して36時間勃起しっ放しという意味ではありません。
性欲亢進効果はありませんので、別に何らかの性的刺激を受けることで初めて効果を発揮します。

タダラフィルを女性が服用したら

ED治療薬の有効成分として知られているタダラフィルですが、他のED治療薬と違って1錠で24時間以上効果が続くのが特徴です。パートナーが使用したところ、その効果に満足したという女性も少なくないでしょう。
しかし、タダラフィルを女性が服用したらどうなるのかと疑問に思ったことがある女性も中にはいるかと思います。
男性の性機能が高まるのであれば、女性にとっても何らかの効果があるのではと思うのは自然なことと言えるでしょう。
タダラフィルについて考える女性 タダラフィルは血管を拡張し、血流を促進することで勃起不全を改善することが出来る働きがあります。この作用は当然のことながら女性が服用しても同じことが言えます。
その結果として性器など性感帯の神経が過敏になって感度が良くなることがあるともされているのです。
しかしながら、これはあくまでもそういった例があるというだけで実は医学的にはまだはっきりと効果があるかはわかっていないのです。
あくまでもタダラフィルには血流を良くする効果があるだけで、興奮剤のような働きはしてくれません。
タダラフィルには少なからず副作用もありますので、女性の場合はただ単純に感度を良くするためということで使用するのは避けた方が良いでしょう。

タダラフィルを併用できない人

タダラフィルとは勃起不全や肺動脈肺高血圧の治療薬です。またED治療の場合にはシアリスとも呼ばれます。
タダラフィルは服用後の効果の持続時間が24時間以上であることや副作用である、顔のほてりや頭痛などが一般のED治療薬よりも少ない面が特徴です。
このように、他のED治療薬よりも優れた面があるED治療薬ですが、服用できない人もいます。
では、タダラフィルを服用できない人を挙げていきます。
硝酸剤を服用中の人、タダラフィルを服用して過敏症を起こしたことがある人、心血管系障害を有するなど性行為が不適当と判断された人、不安定狭心症や性行為中に狭心症を発現したことがある人、コントロール不良の不整脈や高血圧、低血圧である人、最近3カ月以内に心筋梗塞や最近6カ月以内に脳梗塞や脳出血になった人、重度の肝障害持ちの人、網膜色素変性症の人が挙げられます。これらの中の1つでも該当した人は服用することはできません。
また、タダラフィルは食事による効果軽減の影響が少ないのですが、それでも若干の影響はあります。
特に油分の多い食事後の服用では体への吸収は悪くなりますので、食後に服用する場合には油分の少ない食事し、食後2時間程度あけて服用した方が効果は上がります。ですが、空腹時の服用がもっとも効果は高いとされています。

タダラフィル配合の治療薬には偽物が存在する?

シアリスを始め、タダラフィルが配合されたED治療薬には偽物が存在しているのは確かです。
一般的に国内の病院で処方されるタダラフィルには正規品が殆どですが、海外版のタダラフィルの中に偽物を販売している業者があります。
現在では多くの個人輸入を代行サービスする業者が増えてきましたが、ごく一部で悪質な業者が存在しているので安全なルートから購入することが需要になってきています。