ED治療薬の効きすぎは翌日に影響する?

ED治療薬を服用すると、効きすぎた場合に翌日に影響を及ぼすのではないかと、心配する男性は多いと思います。
ED治療薬の中には効果が長時間持続するものがある事は確かです。
たとえばシアリスですが、これは服用する量によっては36時間も効果が出続けます。服用後、翌日どころか、翌々日まで持続くこともあるのです。だからといって、生活に悪影響を及ぼすことはまずありません。なぜなら基本的にED治療薬は、ペニスに性的刺激を与えた場合にのみ効果を発揮する薬だからです。つまり効果の持続時間内でも、性的刺激を与えなければ勃起はしないのです。例えば、仕事中に、何もしていないにもかかわらず突然勃起してしまったり、勃起状態が異常に長く続いたりするということはないのです。
ただし勃起しやすい状態にはなっているので、何気ない日常の動作により、例えば衣服がペニスにこすれて刺激となり、勃起してしまうことはあります。ご心配の方は持続時間の短いED治療薬を服用すれば大丈夫です。例えばバイアグラやレビトラなどは、持続時間は4~5時間ほどなので、夜に服用すれば、性交渉を終えて寝ている間に効果が切れるのです。したがって翌日が仕事という場合には、それらの服用が適しています。
逆に、パートナーとの旅行中など、いつでも性交渉ができる時には、持続時間の長いシアリスが有効だと言えます。
ED治療薬のシアリス、バイアグラ、レビトラなどはインターネット通販で格安に購入することが可能です。