動脈硬化を改善するED治療薬

動脈硬化は、動脈にコレステロールや中性脂肪などが蓄積されることにより、血管が弾力を失ってしまう病気です。動脈硬化になるとスムーズに血液が流れなくなったり、詰まりやすくなります。このような状態になると心臓や脳などの臓器に必要な酸素や栄養を供給することができなくなります。そのままにしておくと狭心症や心筋梗塞などの心疾患や脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患をひきおこすおそれがあります。
動脈硬化の原因はなんでしょうか?。まず、食生活があげられます。動物性脂肪の多い高カロリー食ばかりだと血液中のコレステロールや中性脂肪が過剰に増えてしまい、動脈を硬化させてしまいます。また喫煙、飲酒、ストレスなども原因になります。また高血圧も危険因子です。高血圧になると血管を損傷しやすくなり動脈硬化をひきおこします。そして動脈硬化によって血液が流れにくくなるとさらに血圧が上昇するという悪循環をひきおこします。
ED治療薬には思わぬ副効用があります。前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬として、商品名「ザルティア」の製造販売が承認されましたが、実はこの商品には動脈硬化の予防効能があります。ザルティアには血管の拡張機能を向上させたり、血管の修復細胞を増やす作用があります。それは、ペニスの血管に限らず、体中の血管に影響を及ぼし結果的に動脈硬化の予防となるのです。海外では、「糖尿病+ED+自覚していない心血管系疾患がある」という方が、血管疾患の治療にED治療薬を併用した結果、突然死など心臓疾患の発生率が下がったという報告もあるようです。ED治療とは心筋梗塞や脳卒中を防ぎ、突然死を回避する意味もあるようです。