中古ドメインを取得してみて色々と感じたことや大変だったこと、学んだことがありましたので、みなさんに情報を共有出来ればというのと自身の備忘録としてこのサイトにまとめています。

中古ドメインを取得してみた

中古ドメインを取得後、運用時に注意するべきポイント

以前誰かが使っていたけど手放されて現在は空きになっているドメインのことを中古ドメイン(またはオールドドメイン)といいます。これは市場があり、それを売買しているサイトも複数あります。
新規ではなく高いお金を払ってまであえて中古のものを使うメリットといのはどこにあるかというと、すべてはSEO、つまり検索エンジンでの上位表示対策です。
当たり前ですが、キーワード検索は1ページ目のそれも出来るだけ上位にあるものほどアクセスされやすく2ページ目以降になるとぐんと減ります。より多くのアクセスを得るにはSEOは必須ですし、その為に有効なものの1つが中古ドメインが持つ被リンクやインデックス数(検索エンジンのクローラーに拾われているページ数)の正の遺産です。
しかし中古ドメインの取得及びその運用はけしてメリットだけではありません。最悪の場合、せっかく作ったサイトのすべてのページを、そのドメインであるがために長くインデックスしてもらえないような事態に陥ることも往々にしてあります。ですので、それを避けるためにも注意するべきポイントをしっかりと把握しておく必要があります。
一番大事なことは、自分が取得しようとしているドメインが実際はどういったサイトがどのくらいの期間運用していたもので、どういったサイトからどのくらいリンクされているかなどそのサイトがどれほどの信頼度があったのかをまずは出来るだけ知っておくことです。そうしないとただそのドメインのレベル値と名前のイメージだけで判断して取得した後になって実情を知ってももう遅いのです。
これらを調べるにはそれぞれ無料で、URLを入れるだけで調べることが出来るサイトがありますのでそういった所を利用すれば短時間に正確な情報を得ることが出来ます。
それで特に問題がなく、晴れて希望のドメインを取得出来、それで運用を開始した場合でも実際検索エンジンでの順位は中古ドメインの場合、始めのうちは変動が激しく安定するのに時間がかかったりもしますので、メインのサイト用ではなく、メインサイトのURLを載せる被リンク対策で使う方がより安全で、より効率的だとも言われています。SEOの被リンクはその数よりも、質、つまりどのレベルのドメインからリンクされているかの方がはるかに重要な為(まったくの個人ブログなどはどれだけリンクされていてもほぼ意味がない)、中古ドメインのメリットを最大限に活かすのはサテライトとして使うことだと多くの識者も語っています。