中古ドメインを取得してみて色々と感じたことや大変だったこと、学んだことがありましたので、みなさんに情報を共有出来ればというのと自身の備忘録としてこのサイトにまとめています。

中古ドメインを取得してみた

中古ドメインのパラメータ設定とrssエラーへの対応

中古ドメインを利用した新規サイトが増えていますが、ただ適用しただけでは効果があまり出ないケースが多いので注意したいです。ポイントの1つは購入前の事前調査です。各種パラメータで調べていきますが、もっともじゅうようとなるのが検索サイトでのドメイン検索です。各検索サイトではドメインで検索でき、インデックスの状態を把握することができます。インデックスについては検索順位が分かりますし、どのようなキーワード、パラメータでインデックスされているのかが分かります。これらの情報は新規サイトでも適用されますから全く違うカテゴリのサイトを作ると効果がでないばかりかマイナス評価となることもあるのです。そのため、サイトのカテゴリが決まっているなら似たようなカテゴリの中古ドメインを選択しておく必要があります。また、中古ドメインについてはブラックリストに入っていないことも確認が必要です。ブラックリストは無料でチェックできることが多いですから事前確認が可能です。特にメールアドレスでブラックリストに載っていると検索サイトでの評価も落とされる傾向があります。また、検索サイトは無視する場合でも各種フィルタリングソフトで閲覧が危険なサイトと指摘されるケースが多くなっています。フィルタリングについては修正を依頼できないケースが多く、中古ドメインを利用する方があまり気にしていないポイントでもあります。また、検索サイトでインデックスが0であった場合も要注意です。多くの場合、検索サイト側でのリストに載ってしまった可能性が高いからです。一般公開されていない情報でもありますし、修正してもらえないことが多いので事前検索はとても重要です。また、中古ドメインではバックリンクが重要視されますが、各種リンクが生きているかも確認しておきたいところです。バックリンクを探すサービスもありますし、SNSでドメイン検索をしてみることも重要です。リンクについては記載している方のクラスタもチェックしておきたいです。新規サイトを作る際のカテゴリ決定で重要なポイントとなります。また、リンクは相対パスで載っているかも重要です。絶対パスで載っている場合はrssエラーなどに対応しづらく、手動でリンクを修正してサイトを作っていく必要が出てきます。リンク切れが多いサイトは検索サイトで価値がないと判断されやすく、また、SNSでの評価も落ちやすいので注意が必要です。