中古ドメインを取得してみて色々と感じたことや大変だったこと、学んだことがありましたので、みなさんに情報を共有出来ればというのと自身の備忘録としてこのサイトにまとめています。

中古ドメインを取得してみた

中古ドメインではルート証明書を抜くことを忘れない

中古ドメインを利用するウェブサイトが増えていますが、いくつかの注意点を踏まえて導入しないと不利益が生じてしまうので注意が必要です。その一つがルート証明書です。ウェブサイトの証明でもあるルート証明書ですが、サーバの情報とセットで設定されます。そのため、まだ期限が残っていたとしても抜くことはできません。サーバが変われば新規に取得しないと不正証明書として扱われます。不正証明書を利用しているとフィルタリングサービスに蹴られてしまったり、セキュリティソフトで不正サイトとして認定され、全ユーザーに情報が渡ってしまうケースも多いのでルート証明書はしっかりと購入、設定することが必要です。中古ドメインの利用では検索サイトでのインデックスが重要視されますが、いつまでも残っているとは限らないことも注意点です。検索サイトでは長い間インデックスを維持してくれますが、ウェブサイトが閉鎖されたり、インデックスのリンクが切れてしまった状態が続くとインデックスを削除したり、キャッシュを排除してしまうことが分かってきています。そのため、中古ドメインを買ったらすぐにコンテンツを適用させるようにしなくてはなりません。その際、ウェブサイトを用意するだけでは不十分です。重要なことはインデックスのパスが合っていること、コンテンツの内容がインデックスされたカテゴリやキーワードに合っていることです。内容が違うコンテンツはリンクが切れた状態と変わらない評価をされてしまうケースが多いのです。中古ドメインは万能ではありません。適切なコンテンツを用意することで力を発揮してくれます。バックリンクについてはコンテンツ内容とあっていなくてもPVは増えることが多いのですが、滞在時間は増えることは少ないです。滞在時間はサイトの価値と連動しますから単にPVが増えても検索サイトへの評価は上がることはありません。バックリンクについても切った状態を続けないだけではなく、コンテンツを合わせることで滞在時間も増やし、サイトの価値を相乗効果で上げられるようにしたいものです。中古ドメインはアルファベット綴で選ぶ方も多いですが、ウェブサイトで利用されていたかは無料で調べられるサービスが多くありますので必ずチェックしておきたいです。特にアダルト系のウェブサイトを運用しないなら過去にアダルト系で運用されたことが無いドメインを選ぶことがとても重要なポイントとなっています。