中古ドメインを取得してみて色々と感じたことや大変だったこと、学んだことがありましたので、みなさんに情報を共有出来ればというのと自身の備忘録としてこのサイトにまとめています。

中古ドメインを取得してみた

パワーのある中古ドメインに引っ越しするには

ドメインとは、サイトの顔となるものであり、住所ともいえるものです。そのため、できるだけ、自分が持っているサイトに関連した名前のドメインを探すのが一般的ですが、最近では、自分のサイトにあまり関係なくても、パワーのある中古ドメインを探す人も少なくありません。
サイトを作成した初期段階では、サイトそのものが検索エンジンから信頼されていないため、なかなか検索エンジンの上位に表示されることはありません。自分のサイトを人に見てもらうためには、検索エンジンの上位に表示されることが大切ですから、何とかサイトにパワーを持たせようと、サイトの管理人は、いろいろな手段を促しています。
その一つの方法として、中古ドメインを探し出して、サイトの引っ越しを行う人も少なくありません。というのも、検索エンジンは、サイトの内容はもちろん、ドメインのパワーも参考にして表示順を決めています。一般的には、そのサイトに関連したドメイン名サイトを運営しますが、その場合でも検索エンジンに上位表示されるまで、早くても3か月程度かかると言われています。さすがに、そこまで時間をかけたくないという人が中古ドメインを探し出し、自分のサイトに適用しています。なぜなら、検索エンジンに上位表示されるまでの期間が、圧倒的に短縮(早ければ1か月程度)されるからなのです。というのも、中古ドメインは、それまで使っていたサイトの被リンクや数やページランクをそのまま引き継ぎますから、スタートの時点で大きな差がついているのです。
しかしながら、導入の前に気を付けなくてはならないこともあります。前任者のサイトの評価を受け継ぐということは、良い評価だけでなく、悪い評価も受け継ぐということです。例えば、前任者がブラックリストに掲載されるようなサイト運営を行っていたとすると、いくら管理人が頑張っても、悪い評価は覆りません、つまり、スタートの時点でマイナスだということです。また、パワーが強いものは、数万円で取り引きされていますので、大きなコストがかかるということも忘れてはなりません。
したがって、中古ドメインを使用する際は、必ず、前任者がどのようなサイト運営を行っていたかを確認しなければなりません。また、ページランクの高いものなどは高額で取り引きされていますので、予算がどれだけ使用できるのかも再確認しておくことを忘れてはいけません。その上で、問題がなければ、料金を支払い、サイト運営に活用すれば良いと思います。