タダラフィルが成分の薬タダシップ

タダラフィルとは、アメリカの製薬会社イーライリリー・アンド・カンパニーが製造している勃起不全いわゆるEDの治療薬ですが、肺動脈性、肺高血圧症および前立腺肥大の治療薬でもあります。
主にこの3つの症状に対して使われる薬ですが、どの症状に対し使われるかで名前が異なります。
ED治療薬としてのタダラフィルはシアリスという名前で販売されています。シアリスは、PDE-5という酵素の活性を阻害する効果があり、PDE-5は血管が広がることを抑制するものなので。これがペニスの周辺部のNO作動性神経に作用して、血管を拡張させ、血流を改善させることで男性機能を高めるとされているものです。肺や前立腺にも効果のあるこの薬は非常に安全性が高く、効果も高いので世界中に人気となっています。
シアリス以外にもタダラフィルを含む薬は存在します。
タダシップの画像
ジェネリック “ED治療薬のタダシップは、インドの製薬メーカーが開発したものですが、シアリスのジェネリック医薬品にあたります。
ジェネリック医薬品というのは、先発品の特許権が期限切れとなった後に、他の製薬メーカーが先発品と同じ有効成分を使って製造した後発品のことをいいます。世界ではジェネリック医薬品の普及率は6割以上となっていますが、日本国内ではまだ認知度が低く、2割程度にとどまっています。その理由はさまざまですが、日本の健康保険の制度が充実していることにより、価格による競争原理がはたらかなかったこと、ジェネリック製造メーカーに対する医療関係者からの評価が定まっていないということが挙げられます。しかし、ジェネリック医薬品は基本的には先発品と同様の有効成分が含まれているので、効果・効能自体はほぼ変わりがありません。
シアリス同様、タダシップも最長で服用後36時間ED状態が解消するというすぐれた効果が保持されます。例えば金曜日の夜に服用すれば、それだけで週末を愛する人と有意義な時間を過ごせるという大きなメリットがあります。
このタダシップには、服用後に食事を摂取したとしても、それが高カロリーのものでない限りにおいては、特に影響を受けないという特徴があります。
タダシップ以外の一般的なED治療薬では、有効成分が体内に吸収されるようにするため、空腹時に服用するようにとの但し書きが付いているものが多いため、これもメリットとして特筆されるべきものでしょう。